ここから本文です

【インタビューVol.2/5】ウリ・ジョン・ロートとジミ・ヘンドリックス

BARKS 9/1(木) 13:11配信

8月31日に映像作品/CD『トーキョー・テープス・リヴィジテッド~ウリ・ジョン・ロート・ライヴ・アット・中野サンプラザ』を発表するハード・ロック・ギターの現人神、ウリ・ジョン・ロート。世界のギター・キッズやファンから崇拝されるウリだが、彼自身が敬愛するのがジミ・ヘンドリックスだ。

◆ウリ・ジョン・ロート画像

『トーキョー・テープス・リヴィジテッド』に収録された2015年2月10日、東京・中野サンプラザでのライヴでも「見張塔からずっと」「リトル・ウィング」というジミでお馴染みのナンバー(前者はボブ・ディラン作)を披露。大声援を浴びたウリに、ジミ・ヘンドリックスの魅力と彼からの影響について語ってもらおう。

──2015年の日本公演のアンコールでは「見張塔からずっと」「リトル・ウィング」というジミ・ヘンドリックスでおなじみの2曲をプレイしましたが、これらの曲を選んだのは何故ですか?

ウリ・ジョン・ロート:どちらとも私の尊敬するジミ・ヘンドリックスを代表する曲で、スピリチュアルな面で私と接点を感じるからだ。私はこれまで、多数のジミ・ヘンドリックス・ナンバーを演奏してきた。初期の「紫のけむり」や「ファイアー」「ストーン・フリー」など、いずれも素晴らしい曲だ。でも、それらの曲からはスピリチュアルなメッセージを感じない。自分で弾いて、魂の部分で接点を感じるのは中期以降のナンバーなんだ。『アクシス:ボールド・アズ・ラヴ』でジミは新たなレベルに到達したと思う。後期の「マシン・ガン」なども素晴らしいけど、「リトル・ウィング」はパーフェクトな音楽だ。究極の名曲のひとつだよ。この曲をステージで演奏できるのは、私にとって名誉だ。そんな名誉を、可能な限り多くの人々と共有したいんだ。「見張塔からずっと」も名曲だ。私はボブ・ディランの書く曲が大好きだし、ジミの視点から捉えたボブ・ディランというのはスペシャルな経験だ。それに私自身のちょっとした解釈を加えることで、3人のミュージシャンが一体化したようなヴァージョンにしているんだ。

──ジミ・ヘンドリックスのライヴを見た経験について教えて下さい。

ウリ・ジョン・ロート:私は2回ジミのライヴを見ることができた。1回目は1969年1月ハンブルクのムジークハレでのことだった。人生が一変した。文字通りエクスペリエンスだった。心底ショックを受けたね。2度目に見た1970年9月6日、フェーマルン島の<ラヴ&ピース・フェスティバル>でのステージも、忘れ得ないステージだったよ。この日のショーはジミの生前最後のライヴだったんだ。ジミは前年に見たときから変化していた。前回の方が良かった、と思ったよ。もちろんジミのライヴだからやっぱり凄いけど、何かが違っていたんだ。午後で、雨がまだ降っていたけど、空に虹が出ていたのを覚えている。それから10日後、彼は亡くなってしまった。

──フェーマルン島のフェスはどんなものでしたか?

ウリ・ジョン・ロート:フェーマルンは1960年代の終焉であり、1970年代の始まりだった。時代のターニングポイントだったんだ。この頃はまだウッドストックの残滓があった。雨が降っていて、ドロだらけで…フェーマルンはバルト海に浮かぶ島で、3日間のフェスに3万人か4万人の大観衆が集まっていた。私は15歳で、初めてのロック・フェスティバル経験だった。私の父がジャーナリストで、フォト・パスを持っていたから、私もバックステージに入ることができたんだ。たくさん写真を撮ったよ。マミヤの2枚レンズがあるプロ仕様のカメラだったけど、その日は雨が降っていたし、良い写真が撮れなかったんだ、そのときの写真はどこかにあると思うけど、公開するつもりはないよ。

──フェス名が<ラヴ&ピース・フェスティバル>という、ずいぶんベタなものですね。

ウリ・ジョン・ロート:うん、でもある部分がウッドストックで、ある部分がオルタモントだったんだ。ヘルズ・エンジェルズみたいな連中がフェスティバルを仕切っていて、バックステージで喧嘩があったりして、緊張した空気が流れていた。私のすぐ隣でも、異なったチームのメンバー同士によって殺し合いが起きようとしていた。ジミがステージに向かう階段のすぐ側で「殺っちまえ、ハンズィ!」とかやっていたんだよ。幸い誰も死ぬことはなかったけどね。でも私はその場にいられるだけでハッピーだった。ただ、その直後にジミが亡くなるなんて想像もしていなかった。ジミは私の故郷ハノーファーでライヴをやる予定だったんだ。9月17日、彼が亡くなる前日のことだよ。でもフェーマルン島での公演の後にベーシストのビリー・コックスが精神疲労でツアーを中止して、全員がイギリスに戻ってしまったんだ。

──当時、ライヴ会場での暴力・破壊行為はよくあったのですか?

ウリ・ジョン・ロート:死人が出たりはしなかったけど、私の知る限りでも何度か暴動が起きたことがあった。記憶に残っているのは1972年、ハノーファーのニーダーザクセンハレでのベック・ボガート&アピス公演だ。1970年に生前のジミがプレイするはずが、中止になってしまった会場だよ。3曲ぐらいプレイしたところでティム・ボガートが観客に何かを言って、バンド全員がステージを降りてしまった。詳しい事情は判らないけど、野次か何かを言われたんじゃないかな。ライヴが途中で終わってしまったことで、みんながボトルをステージ上に投げ込み始めて、ステージが破壊されてしまったんだ。それと1973年、ドイツのシーセル・フェスティバルでステージが放火されて燃えたのを覚えている。そのとき私はもうスコーピオンズをやっていて、ステージに上がるちょっと前のことだった。

──あなたは生前のジミの恋人だったモニカ・ダンネマンと生活を共にしていましたが、彼女とはどのようにして知り合ったのですか?

ウリ・ジョン・ロート:モニカと初めて会ったのは1970年代前半、ロンドンのどこかのクラブだった。意気投合して、スコーピオンズのマーキー・クラブでのショーに来てくれた。そうして交際が始まったんだ。モニカとは20年間、一緒に過ごした。亡くなってしまって哀しいよ。

──モニカはどんな方でしたか?

ウリ・ジョン・ロート:彼女はフィギュアスケートの選手でアスレチックな人だったけど、精神的にもスピリチュアルな部分を持っていた。ジミとモニカが付き合っていた時期は決して長くはなく、1969年から1970年の間の実質数週間だったけど、ジミは彼女の多くのことを教えていた。自分の歌詞を深く知るためのヒントを幾つも与えたんだ。モニカは1996年に亡くなってしまったけど、ジミと話した会話などを共有してくれたよ。もしジミと出会っていなくても、彼女はとてもスピリチュアルな人間だった。でもジミが彼女を目覚めさせたんだ。

──ジミを描いた映画『JIMI:栄光への軌跡』はご覧になりましたか?

ウリ・ジョン・ロート:数年前に話だけは聞いていたけど、正直あまり関心がなかった。でも最近、たまたまNetflixでその映画があったんで、観てみたんだ。まあ、興味深い映画ではあったよ。ただ、ジミ・ヘンドリックスという人間の真の姿はまったく描かれていない。ジミの話し方やアクセントも巧みに模倣していたけど、ジミのスピリチュアルな側面はまったく描かれていなかった。もしジミについて知りたかったら、この映画はあまりオススメできないよ。もっとちゃんとした形で作ることができたはずだ。それが私のコメントだ。

──現在ジミの音源や映像は、遺族を中心とした財団『エクスペリエンス・ヘンドリックス』の管理下にありますが、あなたは彼らとどのように関わっていますか?

ウリ・ジョン・ロート:ジミの義理の妹で遺産を管理しているジェイニー・ヘンドリックスはモニカの友達だったから、我が家に3日間泊まりに来たこともある。最近ちょっとご無沙汰しているけど、基本的に友好的な立場だよ。

取材・文 山崎智之
Photo by Mikio Ariga

ウリ・ジョン・ロート『トーキョー・テープス・リヴィジテッド~ウリ・ジョン・ロート・ライヴ・アット・中野サンプラザ』
2016年8月31日 発売
【500セット通販限定スーパー・プレミアムBlu-ray or DVDボックス】¥18,000+税
【初回限定盤Blu-ray+2CD】¥7,800+税
【初回限定盤DVD+2CD】¥6,800+税
【通常盤Blu-ray】¥6,000+税
【通常盤DVD】¥5,000+税
2015年2月20日 中野サンプラザ
1.オール・ナイト・ロング
2.炎を求めて
3.クライング・デイズ
4.カロンの渡し守
5.サン・イン・マイ・ハンド
6.ヴァージン・キラー
7.荒城の月
8.空を燃やせ
9.イン・トランス
10.レインボー・ドリーム・プレリュード
11.フライ・トゥ・ザ・レインボウ
12.トップ・オブ・ザ・ビル
13.自由への叫び
14.暗黒の極限
15.ダーク・レディ
16.幻の肖像
17.キャッチ・ユア・トレイン
18.見張塔からずっと
19.リトル・ウィング
2015年2月19日 名古屋ボトムライン
1.オール・ナイト・ロング
2.炎を求めて
3.クライング・デイズ
4.カロンの渡し守
5.サン・イン・マイ・ハンド
6.ヴァージン・キラー
7.荒城の月
8.空を燃やせ
9.イン・トランス
10.レインボー・ドリーム・プレリュード
11.フライ・トゥ・ザ・レインボウ
12.トップ・オブ・ザ・ビル
13.自由への叫び
14.暗黒の極限
15.ダーク・レディ
16.幻の肖像
17.キャッチ・ユア・トレイン
18.見張塔からずっと
19.リトル・ウィング
2015年2月22日 梅田クラブクアトロ
1.オール・ナイト・ロング
2.炎を求めて
3.クライング・デイズ
4.カロンの渡し守
5.サン・イン・マイ・ハンド
6.ヴァージン・キラー
7.空を燃やせ
8.イン・トランス
9.レインボー・ドリーム・プレリュード
10.フライ・トゥ・ザ・レインボウ
11.トップ・オブ・ザ・ビル
12.イエロー・レイヴン
13.自由への叫び
14.暗黒の極限
15.ダーク・レディ
16.荒城の月
17.幻の肖像
18.キャッチ・ユア・トレイン
19.ヘルキャット
20.見張塔からずっと
21.もしも もしも
22.リトル・ウィング

最終更新:9/1(木) 13:11

BARKS