ここから本文です

BEGINが17年ぶりドラマ主題歌 働く大人への応援歌

オリコン 8月29日(月)7時0分配信

 沖縄出身バンド・BEGINの新曲(タイトル未定)が、10月8日スタートの田辺誠一主演ドラマ『とげ 小市民 倉永晴之の逆襲』(毎週土曜 後11:40 東海テレビ・フジテレビ系)の主題歌に起用されることが28日、わかった。BEGINがドラマのために新曲を書き下ろすのは、1999年以来17年ぶりとなる。

【ドラマ】田辺誠一がキレまくるニューヒーローに

 ドラマは、ストレスが頂点に達した男の痛快な“とげ”抜きストーリー。主人公・倉永晴之(田辺)は妻、小3の息子と穏やかに暮らしてきたが、市民生活部市民相談室の主査に異動してからの3年間は、モンスター市民と市役所との間で板挟みとなり、胃痛と戦う日々。ある日、倉永はついにキレてしまう。

 BEGINが働く大人への応援歌として書き下ろした主題歌は、10月26日にシングルとして発売予定。同作には、NHK BSプレミアム/NHK WORLD『J-MELO』の8月~12月のエンディングテーマ「歌に満ち足りた世界」も収録される。10月10日からは宮城・仙台市民会館を皮切りに、全国ツアーがスタート。

最終更新:8月29日(月)14時58分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。