ここから本文です

【NBA】D.カズンズ、東京五輪に前向き “出場する意欲はある”

ISM 8月29日(月)13時35分配信

 現地28日、サクラメント・キングスのデマーカス・カズンズが、2020年東京五輪出場に向けて意欲を示していることが分かった。米『NBCスポーツ』のウェブサイトなど複数のメディアが同日に伝えている。

 26歳のカズンズは、4年後の自分がどうなっているかはわからないとしながらも、“現時点で出場する意欲はある”とコメント。そして、“ファンはメンバーだけ見てアメリカは優勝するはずだと言うが、国際試合はNBAでの試合と異なる”と五輪で勝利する難しさを語った。

 リオデジャネイロ五輪では国際大会のファウル基準への適応に苦戦し、何度もファウルトラブルに陥ったカズンズ。しかし決勝戦では、13得点、15リバウンドと大活躍し、チームの金メダル獲得に貢献した。

『NBCスポーツ』は、2020年のチームには今大会の主力だったカズンズやケビン・デュラントに加え、ステフィン・カリー、ラッセル・ウェストブルック、カワイ・レナード、そしてアンソニー・デイビスなどが加わり、さらに強力なチームになる可能性があると分析。カナダを筆頭にほかのチームも戦力アップするが、ファンは変わらずアメリカの金メダル獲得を期待し続けるだろうと伝えている。

最終更新:8月29日(月)13時35分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]