ここから本文です

北島三郎『オールナイトニッポン』初挑戦 ゲスト武豊と有馬記念へ“野望”も

オリコン 8月30日(火)5時0分配信

 演歌歌手の北島三郎(79)が、9月9日に放送されるニッポン放送『北島三郎のオールナイトニッポンGOLD』(後10:00)で“ANNパーソナリティー”に初挑戦することが明らかになった。特別ゲストには騎手の武豊(47)を迎え、“芸道55年”を振り返っての貴重なエピソードや、北島の所有馬「キタサンブラック」を通じ親交が深い武とのトークを繰り広げる。

【写真】特別ゲストに指名された武豊騎手

 きのう29日には、都内で行われた番組記者会見に2人が出席。10月に80歳を迎える北島は「若人がよくお聴きになる番組ですから私ども年寄りがちょっと失礼かなと思いながらも、年寄りだって同じじゃねえかと思い、出させていただくことになりました。ただ、1人じゃ心細いので、無理を言って武豊さんにゲストに来てもらいました」と出演の経緯を明かした。

 普段は北島を“オーナー”と呼ぶ間柄の武だが、そんな大御所から直々のご指名に「私でいいのかな…。でも自分にとってスーパースターである北島さんからの頼みなら断れない、と緊張しながらここに来ました」と恐縮しきり。北島からは「こんなすてきな天才ジョッキーの話を若い人たちに聴いてもらいたい」と期待が寄せられた。

 今年5月には武の騎乗したキタサンブラックが天皇賞で見事優勝。今後も武とのコンビで主要レースへの出場・優勝を目指す。秋以降の出走スケジュールを問われ北島は「まずは10月の京都大賞典。そこから調子が良ければジャパンカップ、年末の有馬記念も頑張ってみたい」と膨らむ夢を明かした。

 一方の武も「キタサンブラックで天皇賞を勝てたことは、自分にとっても大きな思い出となった一勝です。亡くなった父が、めったにほめないんですけど初めて喜んでくれて」と勝利を振り返りしみじみ。続けて「有馬記念で勝ったらオーナーと一緒に歌います!」と高らかに“公約”を掲げていた。

最終更新:8月30日(火)13時55分

オリコン