ここから本文です

神田沙也加、憧れのサカナクション・山口に大興奮「すごく感動してる」

オリコン 8月29日(月)18時7分配信

 歌手で女優の神田沙也加とロックバンド・サカナクションのボーカル山口一郎が29日、都内で行われた『au×HAKUTO MOON CHALLENGE ローバーフライトモデル デザイン発表会』に出席。同プロジェクトの新アンバサダーに就任した神田は、応援CMの楽曲を手がけた山口を前に「私、サカナクションさんの大ファンなんです。すごく感動しているんです」と喜びを爆発させた。

【動画】神田沙也加、月面レース挑戦のロボットを運転

 神田はサカナクションの魅了を熱弁し「コーラスで参加させて頂きたいです」と熱望。同席した篠原ともえが「私たち“宇宙姉妹”の曲を書いてもらうっていうのは?」と、篠原がその場で考案した神田とのユニットの楽曲提供を提案した。

 山口は「マネージメントとレーベルがOKなら、楽曲提供しますよ」と快諾すると、神田は「が、が、楽曲提供!」と大興奮。山口が「1980年代のテクノポップ風の曲がいいですかね」と構想を話すと、神田は「すてき~」と両手を合わせて羨望の眼差しを送っていた。

 『au×HAKUTO MOON CHALLENGE』は、世界初の民間による月面探索レースに挑戦するプロジェクト。日本より唯一参加するチーム「HAKUTO」にKDDIをはじめとする日本企業数社がバックアップを行う。

最終更新:8月30日(火)13時5分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。