ここから本文です

JYこと知英、月9撮影現場訪問 桐谷美玲と女子トーク「キュンキュンさせて」

オリコン 8月29日(月)13時49分配信

 元KARAで女優の知英(ジヨン)が、アーティスト名「JY」名義で主題歌を担当するフジテレビ系月9ドラマ『好きな人がいること』の撮影現場を訪問した。

【写真】『スキコト』主演の桐谷美玲&主題歌のJYツーショット

 きょう29日放送の第7話の撮影現場を訪れた知英は、主演の桐谷美玲をはじめ、三浦翔平、菜々緒、浜野謙太、佐野ひなこがそろうサーフショップ「LEG END」のセットの入口から本当のお客さんのように入店。緊張の面持ちで自己紹介した知英は、温かく迎えてくれたキャストに「皆さん撮影で大変だと思いますけれど、頑張ってください」とエールを送った。

 その後の記念撮影では、自身のアーティスト名「JY」にちなみ、右手で「J」、左手で「Y」の形を作る「JY」ポーズをレクチャー。途中、JとYが逆になっていることに気づいた桐谷がツッコミを入れるなどして、和気あいあいとした撮影となった。

 桐谷はJYが歌うドラマと同名タイトルの主題歌について、「本当にかわいい曲で、ドラマにぴったり合っていて、みんな現場で歌っています」とニッコリ。中でも歌っているのは「夏向です。山崎賢人くんですね。歌っているだけじゃなく踊っています」と暴露すると、JYも「そういえば、前にお会いした時も山崎さんが踊ってくださいました」と女子トークに花を咲かせていた。

 ドラマ初回放送では自身の主題歌が流れた瞬間、自宅のテレビのボリュームを大きくして飼い猫2匹を驚かせてしまったと話した知英。毎週オンエアのたび、桐谷が演じる主人公・美咲に感情移入しながら観ているといい、「暑い中の撮影は大変だと思いますが、これからもキュンキュンさせてください」と目を輝かせていた。

 JYが歌う主題歌「好きな人がいること」は、31日にシングルとして発売。写真家・映画監督の蜷川実花氏が手がけたミュージックビデオは、YouTubeで900万回を超す再生回数を記録し、話題となっている。

最終更新:8月29日(月)13時49分

オリコン