ここから本文です

犬童美乃梨、橋本梨菜らグラドル8人が『撮影会クイーンを探せ!』オーディションをPR

デビュー 8月29日(月)21時17分配信

 犬童美乃梨、橋本梨菜ら人気グラビアアイドルが所属する芸能プロダクション・リップ主催の『はなまる撮影会』が28日にスタート。同時に次世代グラビアアイドルを募集するオーディションの開催が発表され。グラビアアイドルたちが水着姿でPRを行なった。

【写真】グラドル8人の別衣裳

 メディアや芸能プロ発信の情報よりも、SNS発の口コミやレビューなど、ユーザーの意見が尊重される傾向が高まっている昨今。ファンが直接コミュニケーションをとることのできる撮影会での集客力が、今やグラビアアイドルの人気のバロメーター『撮影会クイーンを探せ!』は文字通り、撮影会から次世代の逸材を発掘しようという試み。合格者は『はなまる撮影会』の専属モデルとして活動するほか、水着イメージDVD、漫画コミック誌、週刊誌などへのグラビア出演に向けて全面的なバックアップが受けられる。

 囲み取材には撮影会に出演した、犬童美乃梨、橋本梨菜、葉月あや、桜井えりな、森咲智美、小澤らいむ、今野ゆい、夏希リラが参加。犬童は「撮影会という、ファンの皆さんとお話する大切な機会に感謝してます」、桜井は「自分の成長をファンの方に伝える大切な場所」、橋本は「自分がもしどんなに有名になっても、撮影会でファンの方と会う機会を作りたい」とそれぞれ撮影会への思いを語った。

 『撮影会クイーンを探せ!』オーディションの応募要項は、オーディション情報サイト「Deview/デビュー」に掲載中。

【グラビアアイドルのコメント】

■犬童美乃梨(ヤングマガジンミス黒BUTAガールグランプリ)
「グラドルデビューのきっかけになった、ヤンマガさん主催のオーディションも撮影会にどれだけお客さんを呼べるかがバトルになっていたんです。そのオーディションを勝ち抜けたのは、ファンの皆さんのお陰なので、撮影会とファンの皆さんには感謝しています」

■橋本梨菜(日テレ・汐留グラビア甲子園特別賞)
「グラビアデビューしたときは、フォロワーが1000人もいなかったんですけど、撮影会をやるごとに、毎回新しいフォロワーさんが増えて、もうすぐ2万人になるなんて驚きです。ファンの方と毎週のようにすごく近くで会えるので、お互いの変化に気付けて、“黒くなった?”“太ったんじゃない?”とかやり取りできるのも、私は楽しいです」

■葉月あや(日テレジェニック2014グランプリ)
「初めての仕事は撮影会だったんですが、右も左もわからない頃で、誰一人並んでくれなくかった悔しい思い出があります。その後、日テレジェニックのグランプリに選んでいただいてからは集客も増えていって、楽しくなっていきました。撮影会ポイントが重要な『写真集争奪バトル』で一番を獲ったこともあり、グラビア活動の中で、撮影会が一番身近なものなので、これからも撮影会どグラビア界を盛り上げていきたいと思います」

■桜井えりな(2016ミスヤングチャンピオングランプリ)
「大学生で芸能界に入って、事務所の方に“出てみない?”って言われて、なんとなく撮影会に参加したんです。ある日、すごい長い列が出来てるブースがあるな、どんな有名な人が来てるんだろうって思ったら、自分だったという嬉しいエピソードもありました。ツイッターに“食べるのが好き”って書いたら、いろんな人が差し入れで美味しい物を持ってきてくれたり、そういうことも撮影会の楽しみです」

■森咲智美(BUBKA逸材発掘プロジェクトグランプリ)
最近事務所が決まって、グラビアアイドルとしての活動を始めるために上京してきたばっかりで、右も左も分からないんですけど、撮影会がファンの方と関わることができるコミュニケーションの場だと感じているので、ファンの方と一緒に成長していきたいと思います。

最終更新:8月29日(月)21時18分

デビュー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。