ここから本文です

【GOLF】上原、2日連続エースで今季最高位 A.ジュタヌガーンが今季5勝目

ISM 8月29日(月)8時59分配信

 米女子ツアーのカナディアン・パシフィック女子オープンが現地時間28日、カナダのプリディス・グリーンズGCで最終ラウンドの競技を終了。上原彩子が2日連続となるホールインワンを決めるなど通算12アンダーまでスコアを伸ばして、10位タイで大会を終えた。

 3日目に11番でエースを奪い27位タイに浮上していた上原は、出だしの2番パー4でボギーが先行するも、4番パー4で2打目を直接沈めてイーグル、さらには続く5番からは連続バーディをマークする。すると、迎えた8番パー3で前日に続いてホールインワンを達成。残り10ホールはスコアカード通りのプレーとなったが、5アンダー「67」と追い上げを見せ今季初のトップ10フィニッシュとなった。

 優勝は6アンダー「66」でラウンドしたアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)。後続に2打差の単独トップから出ると、前半を2アンダー、そしてサンデーバックナインではノーボギーの4アンダーと追随を許さず。通算23アンダーで2位以下に4打差をつけて今季5勝目をマークした。通算19アンダー単独2位にはキム・セイヨン(韓)、通算18アンダー単独3位にチョン・インジ(韓)が入っている。

 カリー・ウェブ(豪)が、この日のベストスコアとなる8アンダー「64」を叩きだし、通算15アンダーで5位タイフィニッシュ。ロレックスランキング(女子世界ランキング)No.1のリディア・コ(ニュージーランド)は、通算13アンダーで7位タイに終わっている。また、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)は3アンダー69で回り、通算11アンダー14位タイとなっている。

 その他日本勢は、宮里美香と宮里藍が通算6アンダーで37位タイ。27位タイから出た横峯さくらは、2オーバー74とスコアを落とし、通算5アンダー44位タイとなっている。また、今季2勝の野村敏京は4アンダー「68」と、初日以来のアンダーパーで通算4アンダー48位タイに順位を上げている。

最終更新:8月29日(月)9時6分

ISM