ここから本文です

おじさん・松田龍平が舌出し、山下敦弘監督『ぼくのおじさん』場面写真

CINRA.NET 8月29日(月)13時0分配信

山下敦弘監督の映画『ぼくのおじさん』の場面写真が公開された。

11月3日から公開される同作は、北杜夫の同名児童文学が原作。兄の家に居候している貧乏で独身の「おじさん」を主人公に、おじさんの甥・雪男の目線から、おじさんが一目惚れした女性・エリーに会いたい一心でハワイに行こうと様々な手を尽くす様を描く。大学で臨時の哲学講師として働くおじさん役を松田龍平、しっかり者の雪男役を大西利空、エリー役を真木よう子が演じる。

【もっと画像を見る(10枚)】

場面写真では、宮藤官九郎演じる雪男の父・定男、寺島しのぶ演じる母・節子らと共に食卓を囲むおじさんが、舌を出しているシーンや、エリーが笑顔を浮かべている様子に加え、戸次重幸演じる老舗和菓子屋の御曹司・青木、戸田恵梨香演じる雪男の担任・みのり先生の姿も確認できる。

CINRA.NET

最終更新:8月29日(月)13時0分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。