ここから本文です

精神疾患の休職高水準 復帰支援へ企業理解必要

宮崎日日新聞 8月29日(月)11時42分配信

 県内でうつ病など精神的な疾患で会社を休職する人が後を絶たない。休職中の補償となる傷病手当金を受ける人のほぼ5人に1人が、精神疾患を患っているとのデータも。リワーク(復職)支援への関心も徐々に広がる中、仕事に戻れず退職を余儀なくされるケースもあり、関係者は「精神的な疾患を想定した休職制度を企業が整備することも重要になる」と指摘している。

宮崎日日新聞

最終更新:8月29日(月)11時42分

宮崎日日新聞