ここから本文です

<北朝鮮写真報告>新世代の少女たち(4) 市場やホテル前の路上に立つ幼い少女たち(写真4枚)

アジアプレス・ネットワーク 8月29日(月)5時10分配信

1998年の早春。北朝鮮北東部の咸鏡北道(ハムギョンプクド)に三週間余り滞在する機会があった。「苦難の行軍」と呼ばれる大混乱期の最中である。

<北朝鮮写真報告>路地裏の女性たちの微笑み撮った(写真3枚)

宿舎の外国人向けのホテルの周りには、「コチェビ」と呼ばれる浮浪児十数人がいつもたむろしていてお金をねだった。大半が女の子だった。だが、外国人客に近づくとホテルの警備員が容赦なく「コチェビ」の少女たちを引っ叩いて追い散らした。4-5歳と思しき小さな女の子たちもいて、胸が痛んだ。そのうちの一人が写真の女の子である。

あれから18年が経った。無事生き延びていれば、彼女たちは娘盛りの年齢のはずだ。情勢が落ち着いたら、訪ねて行って探し出したいと思っている。(石丸次郎)

←筆者が一度飴玉をあげると、ホテル前に毎日現れた女の子。警備員の隙を見て駆け寄ってきたところを撮った。「4歳です。外で寝ています」と言った。1998年3月羅津市で撮影

←飴玉をもらいに来た女の子(左)はシラミにたかられているのか、いつも頭を掻きむしっていた。ホテルの部屋の窓から望遠レンズで撮った。

←駅前の露天食堂の前で、客のおこぼれをもらおうとずっと立ち続ける二人の幼児。2008年10月黄海北道沙里院(サリウォン)市。

最終更新:8月29日(月)8時26分

アジアプレス・ネットワーク