ここから本文です

【テクノロジー×ファッション:電子ペーパー】完成系か?素材か?FES WATCH Uが広げるクリエイターの可能性

SENSORS 8月29日(月)17時0分配信

SONYが手掛ける電子ペーパー搭載時計がクリエイター参加型「FES WATCH U」となり8月29日発表された。この時計では複数クリエイターが参加し、ユーザーがスマホから気分やシチュエーションにあわせてデザインが変えられる。 第一弾参加クリエイターとしてTAKT PROJECT Inc.代表 吉泉聡氏、CEKAI Tokyo 代表 安田昂弘氏、Bob Foundation 朝倉充展氏 朝倉洋美氏がデザインを提供している。完成品としての“製品“のデザインではなく、“素材“ともなりうる電子ペーパー時計をデザインする可能性について伺った。

【画像6枚】「SENSORS:【テクノロジー×ファッション:電子ペーパー】完成系か?素材か?FES WATCH Uが広げるクリエイターの可能性」記事画像一覧

ソニーの「デジタルファッション」への本格参加を感じさせるプロジェクトが8月29日発表された。「FES WATCH U」発表イベントだ。電子ペーパーを“柄が変わる布地“として捉えた「FES WATCH」の新規バージョンで、新しくクリエイター参加型としてクラウドファンディングをスタートした。
ソニーのFashion Entertainment Projectリーダー杉上雄紀氏は、ファッションがデジタル化するためには時計やアクセサリーなどファッションアイテムも「コンテンツとプロダクト」化できると捉えている。例えるならばプロダクトとしての“ソニーウォークマン“とコンテンツとしての“音楽“の関係性がファッションにも当てはめられるということだ。 プロダクトとしては時計だけではなく、今後ネックレスやメガネなどにも展開されていくようだ。そしてコンテンツは今後積極的にクリエイターとコラボレーションをしていく予定とのこと。

SENSORSではソニープラットフォーム上で「コンテンツ」を作成したクリエイター達に特別に取材を行った。

■クリエイターがつくるものは完成系なのか?素材なのか?

--今回電子ペーパー「FES WATCH U」のデザインを手がけられた皆様に伺います。電子ペーパーで創る時計の魅力を教えてください。

朝倉: 一つの時計に無限のデザインを乗せられる可能性があることにはカスタマーとしても非常に魅力を感じます、なぜならばものを増やさなくていいので。 そして、ファッションの一部として柄を選べる楽しさは今までにない感覚です。 お家を出た後でも気分で柄、デザインを変えられるのも新しいですよね。気分やコーディネーで遊べる楽しさを多くの人に味わっていただきたいです。

吉泉: 今回の場合は時計ですが、これまで“完成系“として捉えられていたプロダクトをいじる対象として考えられること、 そして、いじれる対象としてデザインしなおすこと、つまり“プロダクトを素材化させる“ことは今後さらに増えていくと思います。 クリエイターがつくるものは完成系なのか?素材なのか?という議論と、何をユーザーに提供するのか?、いままで議論されてこなかった象限での デザインやプロダクトを考えるキッカケをFES WATCHプロジェクトでいただきました。

--着用者ひとりひとりがデザインをカスタマイズできるパーソナライズドウォッチは、今後人々の生活にどのような変化をもたらすと思いますか?

安田: 現在は一方的に与えられたり降ってくる情報を流し込まれ、自分が何を思うかより、周りが何を思うかを気にする時代です。 そのような時代だからこそ、「ユーザーが能動的にデザインを選ぶ」という行為から、もう一度、意志を持ったデザインが社会に広がると良いと思っています。

吉泉: 『もっとこうしてみよう、ここをいじったらもっと素敵になるかな...。』
与えられたものをそのまま着用するのではなく、ささやかであっても自分独自の工夫を施せることは生活をより豊かにして行くと思います。
想像し、創造することは、生きる事その物だと思います。
完成形を選ぶ事しか選択肢が無かった時計のようなジャンルの製品にも、 今回のFES WATCHのようなプロジェクトを通してパーソナライズできる可能性や選択肢が生まれる事は人々がよりクリエイティブになるキッカケになると思います。 言い換えるならば、FES WATCH、電子ペーパーは人々それぞれの創造性を引き出す素材のような存在であり、 そのような概念を時計以外にも波紋のように拡げる、最初の一石になって行くと思います。

--今回は電子ペーパーを利用して時計をデザインされましたが、今後電子ペーパーはどのような可能性があるとお考えでしょうか?

安田: フィジカルな情報が可視化される場面で新しい表現のポイントがありそうだと思います。また、反射メディアの表示という、現状のサーフェイスから物理的なテクスチャの領域までeペーパーの可能性が広がればかなり面白くなりそうです!

1/2ページ

最終更新:8月29日(月)17時10分

SENSORS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]