ここから本文です

外務省、リオ・パラリンピック開催期間に現地防犯対策で注意喚起、オリンピック期間の被害を踏まえ

トラベルボイス 8/29(月) 17:00配信

外務省は、2016年9月7日から18日までブラジル・リオデジャネイロで開催されるパラリンピック期間の防犯対策などに関する注意喚起を発出した。

先のリオ・オリンピック開催期間には、複数日本人が競技場近くで拳銃や刃物を所持する人物にスマートフォンや財布、カバンなどを取り上げられる事件や、観戦中の置き引き、歩行中のすりやひったくりなどに会う被害が発生。カードのスキミング被害なども発生し、現金が知らぬ間に引き出された日本人もいたとされている。

外務省ではこれらの状況を受け、パラリンピック開催中も十分な防犯対策を講じてほしいとよびかけ。目立たない格好を心掛けたり、単独行動や夜間の外出を控えるといった十分注意をおこなってほしいとしている。

さらに、ブラジルでの政治的な緊張やテロに関連した事件などに巻き込まれる可能性を踏まえた安全対策や、ジカウイルスの感染予防にも留意してほしいとしている。

トラベルボイス編集部

最終更新:8/29(月) 17:00

トラベルボイス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。