ここから本文です

台風10号 厳重警戒を

日本農業新聞 8月29日(月)7時0分配信

 気象庁は28日、大型で非常に強い台風10号が30日から31日にかけ、暴風域を伴って北海道から東北、関東に接近、上陸する見通しで、広い範囲で大荒れの天候になると発表した。台風が接近する前から非常に強い風と雨となり、同庁は土砂災害や農業用水、河川の増水に厳重な警戒を呼び掛けている。

 同庁によると、上空の寒気の影響で接近前から大雨になっているところに、台風本体による暴風雨が加わり、北海道、東北、関東の雨量はかなり多くなる。30日から31日に洪水や突風となり、史上初めて東北太平洋側に上陸する恐れが高い。同庁は「明るい間に避難や対策をし、夜間は外出しないでほしい」(予報課)と注意を促す。

 10号は28日午後3時現在、日本の南にあり発達しながら時速30キロで北東に進む。中心気圧は940ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は45メートル。

 台風だけでなく上空に寒気を伴う低気圧が西日本を通過し全国的に断続的な強い雨になる。29日午後6時までの24時間雨量は四国250ミリ、東海150ミリ、中国、九州北部120ミリ、関東甲信、北海道100ミリ、東北80ミリ、北陸60ミリ。

日本農業新聞

最終更新:8月29日(月)7時0分

日本農業新聞