ここから本文です

男女の格差は19億円。今年最も稼いだ男優はドウェイン・ジョンソン

ELLE ONLINE 8/29(月) 19:18配信

先週発表された経済誌『フォーブス』の「最も稼いだ女優」リストに続き、今度は「最も稼いだ男優」リストが発表。

今年1位になったのはドウェイン・ジョンソン。昨年11位から急上昇したのは映画『ワイルド・スピード』シリーズの最新作や、映画『ベイウォッチ』など話題作への出演料が理由。この1年で6450万ドル(約66億円)を稼いだとか! ジョンソンはこのニュースを受けて「言いたいのは2つのことだ。僕は最初7ドルから始めた。僕も乗り切れられたのなら、君にもできる」とツイート、かなりハードルが高い励ましの言葉を送ったそう。

2位はジャッキー・チェン、3位はマット・デイモン。デイモンには彼が出演すればヒットする、という実績から高額のギャラがオファーされているとか。制作費1億800万ドルだった映画『オデッセイ』で6億3010万ドルの興行収入を上げたと聞けばこのギャラにも納得! また昨年まで3年連続でトップだったロバート・ダウニー・Jr.は8位にランクダウン。10位以内に2人のボリウッド俳優がランクイン、インド映画界が引き続き盛り上がっていることを示しているとか。

ちなみに先週発表された女優部門でトップになったジェニファー・ローレンスの年収は4600万ドル(約47億円)。男優1位との格差はもちろん、ジェニファーが男優のランキングで見ると6位レベルにとどまることにもびっくり。改めて男女格差が明らかになったと言えそう。
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:8/29(月) 19:18

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]