ここから本文です

開幕間近の新カジノIR「パリジャンマカオ」で消防訓練実施=客室数3千室の巨大施設

マカオ新聞 8/29(月) 19:17配信

 米国、マカオ、シンガポールでカジノIR(統合型リゾート)を運営する米ラスベガスサンズグループ(LVS)傘下でマカオのカジノ経営ライセンスを保有する6陣営の一角、サンズチャイナ社がマカオ・コタイ地区で開発を進めている大型IR施設「パリジャンマカオ」の開業日が9月13日に迫っている。

 開業を間近に控えた8月29日午前、マカオ消防局がパリジャンマカオと合同で、8階客室で火災が発生し、宿泊客1人が避難の途中で負傷したしたことを想定した消防訓練を実施。消防車4台と救急車2台、パリジャンマカオのスタッフ600人が参加し、予定通り終了したとのこと。

 これまでに公表された情報を総合すると、パリジャンマカオはフランス・パリがテーマのIRで、プロジェクト総工費は27億米ドル(日本円換算:約3380億円)。2分の1スケール(約160メートル)のエッフェル塔のレプリカ、客室数3000室のホテル、170店が軒を連ねるショッピングモール、広さ5200平米のコンベンション施設、1200席のシアター、スパ、ウォーターパーク、カジノなどで構成される。

 サンズチャイナ社はマカオ半島でサンズマカオ、コタイ地区でヴェネチアンマカオ、プラザマカオ、サンズコタイセントラルの大型IRを運営しており、6軒のホテルを併設する。パリジャンマカオのオープン後、同社のホテル数は7軒、客室提供数はマカオ市場全体の3分の1超を占める1万3千室にも達する見通し。

最終更新:8/29(月) 19:17

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。