ここから本文です

開幕間近の新カジノIR「パリジャンマカオ」で消防訓練実施=客室数3千室の巨大施設

マカオ新聞 8月29日(月)19時17分配信

 米国、マカオ、シンガポールでカジノIR(統合型リゾート)を運営する米ラスベガスサンズグループ(LVS)傘下でマカオのカジノ経営ライセンスを保有する6陣営の一角、サンズチャイナ社がマカオ・コタイ地区で開発を進めている大型IR施設「パリジャンマカオ」の開業日が9月13日に迫っている。

 開業を間近に控えた8月29日午前、マカオ消防局がパリジャンマカオと合同で、8階客室で火災が発生し、宿泊客1人が避難の途中で負傷したしたことを想定した消防訓練を実施。消防車4台と救急車2台、パリジャンマカオのスタッフ600人が参加し、予定通り終了したとのこと。

 これまでに公表された情報を総合すると、パリジャンマカオはフランス・パリがテーマのIRで、プロジェクト総工費は27億米ドル(日本円換算:約3380億円)。2分の1スケール(約160メートル)のエッフェル塔のレプリカ、客室数3000室のホテル、170店が軒を連ねるショッピングモール、広さ5200平米のコンベンション施設、1200席のシアター、スパ、ウォーターパーク、カジノなどで構成される。

 サンズチャイナ社はマカオ半島でサンズマカオ、コタイ地区でヴェネチアンマカオ、プラザマカオ、サンズコタイセントラルの大型IRを運営しており、6軒のホテルを併設する。パリジャンマカオのオープン後、同社のホテル数は7軒、客室提供数はマカオ市場全体の3分の1超を占める1万3千室にも達する見通し。

最終更新:8月29日(月)19時17分

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。