ここから本文です

東京~NY線が11月に就航50周年 特別機内食やエンタメ提供へ JAL

乗りものニュース 8/29(月) 12:00配信

就航時は週2往復、現在は週14往復

 JAL(日本航空)は2016年8月26日(金)、東京~ニューヨーク線が今年11月12日(土)に就航50周年を迎えることを記念して、期間限定で特別な機内食や機内エンターテイメントを用意すると発表しました。

【写真】JALの最新リージョナルジェットE190

 50年前の1966(昭和41)年11月12日、招待した搭乗客58人、一般の搭乗客52人、添乗員8人を乗せて、DC-8型機「SETO」号(JA8015)が初就航。東京~ホノルル~サンフランシスコ~ニューヨークを週2往復のダイヤで結びました。翌1967(昭和42)年3月には、世界一周路線開設と同時に週5往復に増便。さらに現在では1日2便、週14往復が運航されています。

 今回、ニューヨーク発、成田行きのJL003便とJL005便ではこの就航50周年を記念した特別な機内食が提供されます。ファーストクラスとビジネスクラスでは、和食は「ニューヨーク産鴨ロースの鍬(くわ)焼き“BIG APPLE”」、洋食は「フォアグラとビーフのスペシャルバーガー“BIG APPLE”スタイル」が提供され、これに加えニューヨーク産ワインやブルックリンラガーも用意されます。プレミアムエコノミークラスとエコノミークラスは、記念チョコレートが提供されます。

 期間は9月1日(木)から11月30日(水)まで。ただし酒類は10~11月のみ、記念チョコレートは11月のみです。

 また、JALグループの国際線では10月、国内線では10~11月に、それぞれ全路線において、機内エンターテイメント「JAL Special」で「We Love New York」と題したオーディオ番組を用意。ジョン・カビラさんのナレーションのもと、ビリー・ホリデイ『ニューヨークの秋』やビリー・ジョエル『ニューヨークの想い』など、ニューヨークにまつわる曲やエピソードが楽しめます。

乗りものニュース編集部

最終更新:8/29(月) 17:14

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。