ここから本文です

単は山口芽生、複は入江真子/水沼茉子が優勝 [東北オープテニス]

THE TENNIS DAILY 8/29(月) 10:30配信

 宮城県・泉パークタウンテニスクラブで開催された「2016ダンロップ・三菱地所カップ 第80回 東北オープンテニス選手権大会」(本戦8月22~28日/賞金総額 男女各100万円/屋外砂入り人工芝コート、屋内カーペット)が終了。女子シングルス決勝は、第1シードの山口芽生(Fテニス)が第4シードの守屋友里加(テニスユニバース)を6-2 6-3で下して優勝を飾った。

松尾友貴が昨年に続いて単複2冠 [第80回東北オープン/男子]

 女子ダブルス決勝は、入江真子/水沼茉子(ともにリコー)が第1シードの品田祐希/川床芙実(ともにリコー)を2-6 6-3 [10-4]で倒してタイトルを獲得した。上位の試合結果は以下の通り。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【女子シングルス決勝】

○1山口芽生(Fテニス)[1] 6-2 6-3 ●48守屋友里加(テニスユニバース)[4]

------------

【女子シングルス準決勝】

○1山口芽生(Fテニス)[1] 6-3 6-4 ●17小林真理香(フリー)[3]

○48守屋友里加(テニスユニバース)[4] 6-3 6-1 ●64長谷川茉美(伊予銀行)[2]

------------

【女子シングルス準々決勝】

○1山口芽生(Fテニス)[1] 6-1 6-4 ●13川床芙実(リコー)

○17小林真理香(フリー)[3] 6-0 6-3 ●25森本凪咲(PLUS LIST)[11]

○48守屋友里加(テニスユニバース)[4] 6-2 6-3 ●33小野七星(G.T.S)[6]

○64長谷川茉美(伊予銀行)[2] 6-3 6-1 ●49水沼茉子(リコー)[7]

------------------------

【女子ダブルス決勝】

○14入江真子/水沼茉子(リコー)2-6 6-3 [10-4] ●1品田祐希/川床芙実(リコー)[1]

------------

【女子ダブルス準決勝】

○1品田祐希/川床芙実(リコー)[1] 6-3 6-4 ●森本凪咲/酒井優理子(PLUS LIST/フリー)[3]

○14入江真子/水沼茉子(リコー)6-3 7-6(4) ●10下道愛里紗/難波沙樹子(ノア・インドアステージ/リコー)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8/29(月) 10:30

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています