ここから本文です

患者が語る、ロシア初の精神科病院ラジオ

AFPBB News 8/29(月) 11:06配信

(c)AFPBB News

【8月29日 AFP】ロシアの首都モスクワ(Moscow)にある精神科病院から、ラジオ番組が放送されている。ふざけたテーマソングで始まる番組の名前は「鏡の向こうのラジオ(Radio Through the Looking Glass)」。アリス(Alice)の冒険を描いたルイス・キャロル(Lewis Carroll)の小説から名付けられた。

 同国初の試みで、番組のパーソナリティーは全て、精神疾患を持つ患者たちだ。同院のスタッフによると、番組では精神病学だけでなく、愛、子ども、休日、同性愛など、人生に関する多くのことがテーマになる。精神疾患を汚名とする傾向がいまだに強い同国で、この番組は注目を集めている。(c)AFPBB News

最終更新:8/30(火) 8:47

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。