ここから本文です

剛力彩芽、24歳の誕生日に高橋一生らからのサプライズで大号泣!「とても幸せ」

E-TALENTBANK 8/29(月) 17:30配信

剛力彩芽演じるフランス帰りの若き官邸料理人・一木くるみが、料理の腕ひとつで数々の要人・政治家たちを虜にしていく、金曜夜のグルメドラマ『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』。撮影も佳境に入ってきた8/27(土)、主演の剛力が誕生日を迎え、共演の高橋一生、三宅弘城らから盛大な祝福を受けた。

この日、『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』の撮影現場で24歳の誕生日を迎えた剛力。クライマックスに向けての重要なシーンを撮り終えた剛力のもとにやってきたのは、夏らしい旬のフルーツで飾り付けられた“フルーツボール”を抱えた高橋と三宅だった。座長・剛力の誕生日を祝うべく、劇中では共同作業などめったにしないふたりがタッグを組み、豪華なフルーツボールの最後の飾り付けや、チョコレートプレートのメッセージ書きを担当。そのフルーツボールと花束、そしてみんなからハッピーバースデーの歌が贈られ、ハードな撮影の合間に誕生日セレモニーならではの和やかなひとときが見られた。

“フルーツボール”を見た剛力は「えー、すごーい!」と驚いた様子。そして、高橋と三宅が仕上げを施したことを知り、三宅と熱いハグを交わすなどサプライズに感激しきり。

「この現場で誕生日を迎えられて幸せです。もうすぐ終わってしまうのが寂しい…」とキラキラ目を輝かせた剛力。素敵なバースデーセレモニーを演出してくれた高橋と三宅に「まさかこんなに素敵なお祝いをしていただけるとは…ありがとうございます!」と満面の笑みで感謝の気持ちを表していた。

その後、ドラマのキャスト・スタッフから心のこもったビデオメッセージのプレゼントが。これには剛力も思わず大号泣。温かい贈り物にとても感激した様子だった。

剛力は「『グ・ラ・メ!』の現場で24歳の誕生日を迎えられたことが何より嬉しいです。大好きなメンバーに囲まれて、ひとつ歳を重ねられたことがとても幸せ。今回の一木くるみという役は、みなさんにも愛してもらえて、そのタイミングでひとつ歳をとったことに意味を感じます。これからもみんなが楽しいと思える現場を作り続けたいなと思います!」と24歳の抱負を力強く語った。

最終更新:8/29(月) 17:30

E-TALENTBANK