ここから本文です

iPhone 7に光学手ブレ補正? 流出カメラ部品にヒントあり

ギズモード・ジャパン 8月29日(月)21時11分配信

カメラのiPhone 7、なんて言われるかもしれません。

次期iPhone(通称:iPhone 7)で楽しみなのが、カメラ機能のアップグレード。iPhone 7ではカメラ穴が少し大きく、そしてiPhone 7 Plusでは注目のデュアルカメラが搭載されるなんて噂もあります。そして今回流出したパーツ画像を見ると、どうもiPhone 7に「光学手ブレ補正機能」の搭載がありえそうなんです。

海外サイトのNowhereelse.frによれば、上画像の左2つがiPhone 6/6s、右2つがiPhone 6 Plus/iPhone 6s Plus、そして中央がiPhone 7の背面カメラ部品とされています。こうしてみると、iPhone 7の背面カメラはどちらかといえばiPhone 6 Plus/iPhone 6s Plusに似ていることがわかりますね。

iPhoneファンにはおなじみですが、iPhone 6 Plus/iPhone 6s Plusの背面カメラには光学手ブレ補正機能が搭載されています。これはiPhone 7に光学手ブレ補正、きちゃいそうですね…。

iPhone 7のカメラ部品のレンズ周りには4箇所の切り込みがあります。この切り込みにはバネが存在しており、レンズが少し浮いた状態で保持されているんです。そのため、光学手ブレ補正機能が実現できるんですね。

さらにiPhone 7 Plusでは光学手ブレ補正だけでなく、デュアルカメラ機構によって暗所撮影性能の向上、そして画質劣化の少ないズームが可能になるとBloombergが報じています。

最近はスマホカメラの機能向上により、スマートフォンで写真撮影を楽しむ人が非常に多くなってきました。通常ですとiPhone 7はメジャーアップデートのモデルになるはずですが、その目玉は「カメラ性能の向上」になるのかもしれませんね!

source: MacRumors

(塚本直樹)

最終更新:8月29日(月)21時11分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]