ここから本文です

JFES出資の福建中日達金属、新ETLホットラン 年内営業生産へ 年能力17万トン

日刊産業新聞 8月29日(月)11時5分配信

 JFEスチールが出資する中国のブリキメーカー・福建中日達金属(福建省福州市、林祺燮董事長)は、ブリキ製造用の新ETL(電気錫めっきライン)のホットラン(試運転)を今月から開始した。現有ラインの老朽化更新として建設、環境対策や品質対策に周到に配備した設備となる。顧客の承認取得を進め、年内にも営業生産に入りたい考え。

最終更新:8月29日(月)11時5分

日刊産業新聞