ここから本文です

浜崎あゆみ、大胆切れ込み衣装で美腹筋披露!stadium fes.最終日、大雨の中で大トリ熱唱

E-TALENTBANK 8月29日(月)17時40分配信

今年で15周年を迎えた「a-nation」。会場をスタジアムへと移した「a-nation stadium fes. powered by dTV」が東京・味の素スタジアムにて開幕。2日目の8月28日(日)はヘッドライナーの浜崎あゆみをはじめ、AAA、Acid Black Cherry、倖田來未、TRFなど、オープニングアクトシューティングアクトらを含む14組のアーティストが出演し、5万5千人を動員。a-nation15周年のフィナーレを豪華アーティストの競演で飾った。

stadium fes.最終日、大トリを飾ったのは浜崎あゆみ。ランプを持ったダンサーが舞台上に現れた大きな白いテントを開けると、ブルーの衣装を身につけた浜崎が玉座に降臨した。「INSPIRE」が始まると、ファイヤーボールが上がる中、花道の先端を目がけてダンサーと行進。「行くぜ、東京!」と叫んで力強いロックチューン「Rule」が始まる頃には、すでに彼女はびしょ濡れ状態に。

海の映像が映し出されるとムードは一転。ロングスカートに着替え、穏やかな表情で「fairyland」を歌って場内に多幸感を届け、続くバラード「HANABI」では最後には濡れた舞台にひざまずいて声を振り絞るように歌い、場内をせつなさで埋め尽くしたパフォーマンスはこの日最高のアクト。後半は「Greatful Day」、その後は浴衣に着替えてフロートに乗り込んで場内を一周。さらにアリーナまで駆け抜け観客は大興奮。「今日は夏の締めくくりを一緒にしてくれてありがとうございます。2016年、a-nationラストの曲です」と、夏の終わり、a-nationの最後をここにいるみんなと一緒にいられたことへの感謝の思いが込められた「July 1st」。雨の中の熱唱で、盛大な花火が打ち上がり、感動のまま幕を閉じた。

15周年の節目で開催された『a-nation stadium fes. powered by dTV』は、2日間で約11万人を動員。7月から始まった2016年のa-nationはa-nation islandの動員数を含め総動員数22万5千人もの観客を魅了して閉幕した。

最終更新:8月29日(月)17時40分

E-TALENTBANK