ここから本文です

福原遥主演『グッドモーニング・コール』地上波放送決定【動画付き】

オリコン 8月29日(月)18時40分配信

(C)ORICON NewS inc.

 女優の福原遥が29日、都内で行われたドラマ『グッドモーニング・コール』Blu-ray&DVD-BOX発売記念トークイベントに出席。「FOD(フジテレビオンデマンド)」と「Netflix」の加入者向けに2月より配信中の同ドラマが、10月12日深夜(時間未定)より地上波で放送されることが発表されると、福原は「このドラマが大好きなので、たくさんの方に観てもらって、キュンキュンしてもらいたいです」と喜びを爆発させた。

 同ドラマは1997年から2002年まで、少女まんが雑誌『りぼん』(集英社)で連載された高須賀由枝氏原作の漫画を初めて映像化。両親の都合で1人暮らしをすることになった主人公の女子高生・吉川菜緒(福原)と、彼女の部屋に引っ越してきた上原久志(白石隼也)の同居生活をラブコメディーとして描いている。

 イベントには福原のほかに、白石、菜緒の幼なじみ・篠崎大地役の桜田通が登壇し、撮影時の裏話などで盛り上がった。「素直で天然な性格の女子高生で、料理が得意」という菜緒のキャラクター設定と、福原自身が「料理が得意というところはあっています」とアピール。また、白石は約100人のエキストラの中を歩いて登場するシーンで、「本番中は大歓声なのに、カットがかかった瞬間、みなさん素に戻ってしまうのが、きつかった」と明かして、会場を笑わせていた。桜田は「続編の『グッドモーニング・キス』もやりたい!」と次回作に期待を込めていた。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:8月29日(月)18時40分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。