ここから本文です

関西 一般形鋼市況、下げ止まり気配強まる 流通、安値に警戒感

日刊産業新聞 8/29(月) 11:08配信

 関西地区の一般形鋼市況は緩やかな軟化傾向が続いたが、ここにきて下げ止まる気配が強まってきた。現行価格は等辺山形鋼、溝形鋼ともに6万6000円(トン当たり、ベースサイズ)どころ。目先、弱横ばいの推移が続く見通し。

最終更新:8/29(月) 11:08

日刊産業新聞