ここから本文です

シンガポール、ジカウイルス感染者41人に 国内感染か

AFPBB News 8月29日(月)15時8分配信

(c)AFPBB News

【8月29日 AFP】シンガポール政府は28日、国内でジカウイルスに感染した人が41人となり、今後もさらに増える可能性があると発表した。ジカウイルスは、胎児の先天性異常の原因となる可能性が指摘されている。

 同政府は前日、ジカウイルスに国内で感染した例を初めて確認したと発表していた。この国内に居住するマレーシア人女性(47)に加え、今回新たに40人の感染を明らかにした。大半は、建設現場で働く外国人労働者だという。

 同国保健省と環境庁の共同声明によると、41人全員は郊外のアルジュニード・クレセント(Aljunied Crescent)など特定の地区で居住あるいは就労していた。うち34人は回復し、残る7人は依然症状があり入院しているという。

 41人いずれもジカウイルス流行地域への最近の渡航歴は確認されていないため、シンガポール国内で感染した可能性が高いと声明は述べている。映像はアルジュニード・クレセントで検査を行う国家環境庁(National Environmental Agency)の役人。29日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:8月29日(月)15時8分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。