ここから本文です

あいの風イベント列車「とやま絵巻」デザインに工夫/富山

チューリップテレビ 8月29日(月)20時26分配信

 あいの風とやま鉄道にイベント列車・『とやま絵巻』が登場し28日から運行がはじまりました。

 富山らしいデザインが特徴の車両は人気を集めそうです。

 28日から運行が始まったあいの風とやま鉄道のイベント列車・『とやま絵巻』は現在運行している413(よんいちさん)系車両5編成のうちの1編成を改造したものです。

 県内の食や文化をモチーフにした絵が16種類描かれた列車のコンセプトは「とやまの魅力を乗せて走るあいの風」。
 車内の座席にはライチョウやカモシカなどが描かれているほか、各車両に1個だけハートのつり革もあり遊び心満載です。
 27日の見学会では、参加者が車内に乗り込んで車掌体験をするなどして楽しんでいました。
 『とやま絵巻』は今後、通勤通学の時間帯を中心に定期運行するほかあいの風とやま鉄道のイベントでも活用される予定です。

チューリップテレビ

最終更新:8月29日(月)20時26分

チューリップテレビ