ここから本文です

福岡で竜巻とみられる現象の目撃情報 竜巻注意情報発表

ウェザーマップ 8月29日(月)19時47分配信

 福岡管区気象台は29日、福岡市東区志賀島付近で竜巻とみられる現象が目撃されたとして、福岡県に竜巻注意情報を発表した。午後7時頃に竜巻を目撃したという情報が、消防を通して気象台にあったという。

 竜巻とみられる現象の発生当時、九州付近の上空には強い寒気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となっていて、発達した雨雲が発生していた。

 福岡県では、今後も大気の不安定な状態が続き、竜巻などの激しい突風が発生するおそれがある。そのため、空の様子に注意し、雷や急な風の変化など積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努める必要がある。また、落雷、ひょう、急な強い雨にも注意が必要だ。

最終更新:8月29日(月)19時53分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。