ここから本文です

アルミ総需要 1―6月、微増の203万トン 輸送分野伸び

日刊産業新聞 8月29日(月)11時15分配信

 日本アルミニウム協会が26日発表した2016年上期(1―6月)のアルミ地金・一次加工品需要(アルミ総需要)は前年同期比0・2%増の203万301トンだった。わずかではあるが、暦年上期として2年ぶりに前年実績を上回った。消費税増税後の反動減の影響から抜け切れずに需要が停滞した前年の同じ時期に比べ、今期は自動車などの輸送分野で使われるアルミ圧延品や鍛造品が伸び、輸出の落ち込みを補った。一方前年に大きく落ち込んだ建設分野向けの需要はほぼ横ばいで、足踏みが続いている。

最終更新:8月29日(月)11時15分

日刊産業新聞