ここから本文です

土居美咲独占インタビュー、初戦のビットヘフト戦は今夜 [全米テニス]

THE TENNIS DAILY 8/29(月) 21:03配信

 アメリカ・ニューヨークを舞台に、2016年シーズン最後のグランドスラム「全米オープンテニス」が、8月29日に開幕する。

シード順位が決定、錦織は第6シード、土居美咲が第31シードに [全米オープン]

 会場は世界最大級のテニス専用競技場、アーサー・アッシュ・スタジアムを有するUSTAビリー・ジーン・キング・ナショナルテニスセンター。サーフェスはハードコートで、バウンドが高く、球足が速いのが特徴だ。

 今大会、日本女子は4人が本戦出場を果たしたが、その中で今回初めてグランドスラムでシード(第30シード)を獲得して臨むのが土居美咲(ミキハウス)だ。世界ランキングは100位前後で停滞していた時期も長かったが、昨年終盤から好調で、10月のルクセンブルクでツアー初優勝を果たし、先のウィンブルドンではグランドスラム自己最高のベスト16入りを果たした。ランキングはその後、自己最高の32位に上昇している。

 大会初日の29日(月)、女子シングルス1回戦でカリナ・ビットヘフト(ドイツ)と対戦する土居にWOWOWが現地で独占インタビューを行った。

     ◇   ◇   ◇

Q 初めてシードを獲得して臨むグランドスラムへの意気込みをお願いします。

土居 初めてシードとして迎えることができるのも、今までの積み重ねがあると思います。その力を精一杯、発揮できればいいなと思います。

Q ランキングが30位台まで上がり、昨年、一昨年と比べてどのあたりが自分で進化したところだと思いますか。

土居 プレーもそうですが、メンタル的にもトップと渡り合えると思えるようになってきて、最後までちゃんとファイトすることもできるようになってきているので、そういう試合の積み重ねがすごく大きいなと思います。

Q 8月にはリオ・オリンピックにも出場されました。テニスだけでなくいろいろな競技を見たり聞いたりして得るものも大きな大会だったと思いますが、振り返ってどういう大会でしたか。

土居 4年に1度しかないということで、ほかの競技の選手の方の大会にかける思いというものを肌で感じることができました。自分が試合をするとなると、いろいろなアスリートの思いも知っている分、緊張もあったのですが、オリンピックという舞台はすごく楽しくて、すごく充実した大会になりました。

Q 4年後は東京でオリンピックがありますが、意識している部分はありますか。

土居 東京でオリンピックに出られるというチャンスはなかなかないので、そこは私も意識はしています。

Q 全米オープンから9月、10月とシーズンが終わりに近づきます。日本で行われる大会にも出場されると思いますが、どのように今シーズンを終えていきたいと思いますか。

土居 日本で久々に出場できるので、自分のパフォーマンスが出せるように1試合1試合戦って、いいシーズンになればいいなと思います。

Q 1回戦はカリナ・ビットヘフト選手ですが、どのように戦っていきますか。

土居 彼女はハードヒッターで、力強い一発のショットを持っている選手ですが、自分のプレーができればどんどんチャンスは広がってくると思います。アップダウンが激しい選手なので、そのあたりをうまくつければいいなと思っています。

WOWOW TENNIS ONLINE
http://www.wowow.co.jp/sports/tennis/

(WOWOW)

最終更新:8/29(月) 21:03

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]