ここから本文です

指揮官も分からぬローマ崩壊 さっそくユヴェントスが独走態勢に入る可能性も

theWORLD(ザ・ワールド) 8月29日(月)15時26分配信

カリアリに2-0から追いつかれる

ユヴェントスとスクデットを争える数少ないチームの1つと思われていたローマは、28日のカリアリ戦を2-2の引き分けで終えてしまった。しかもディエゴ・ペロッティ、ケヴィン・ストロートマンの得点で2-0とリードしていたにも関わらずだ。

開幕戦のウディネーゼ戦は4-0と最高のスタートを切ったものの、チャンピオンズリーグのプレイオフでポルトに敗れてから何かが狂ってしまったのだろうか。伊『Gazzetta dello Sport』によると、ローマ指揮官のルチアーノ・スパレッティもなぜ勝てなかったのか、チームが崩れてしまったのか分からないとコメントしている。

「我々は戦術面だけでなく、バランスを見つけないといけない。試合を終わらせて勝つチャンスはあった。私はなぜそれができなかったのか分からない」

すでに2連勝したユヴェントスとは勝ち点差がついており、ローマの他にインテルやナポリも連勝スタートを切ることはできなかった。このままローマが崩れてしまえば早い段階でユヴェントスの独走がスタートしてしまうかもしれない。

9月11日におこなわれる第3節では開幕2連勝を達成したサンプドリアとの対戦だが、ローマはここで上手く立て直せるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月29日(月)15時26分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。