ここから本文です

中川市議政活費 あすにも辞表願い提出か/富山

チューリップテレビ 8月29日(月)20時34分配信

 事実と異なる報告を行い、政務活動費を受け取っていた富山市議会・自民党の中川勇(なかがわ・いさむ)議員は、27日、議員を辞職することを表明しました。
 中川市議は、早ければ明日にも議長に辞職願いを提出し、近くこの問題について、自ら説明するとしています。
 27日の夜、中川市議は、地元の公民館に支持者を集め、説明会を開きました。
 説明会には支持者およそ30人が出席、報道各社には非公開で行われました。
 同席した富山市議会・自民党会派の高田(たかた)幹事長によりますと、この中で、中川市議は報告書の誤りを認め、議員を辞職すると話したということです。
 「謝りました」(中川市議)
 「こうした不祥事を起こしたことに対して、本当に言い訳が出来ないということで辞職すると」(高田幹事長)
 中川市議は2012年度からの4年間、東部地区センターで市政報告会を13回開いたとして資料の印刷代などおよそ172万円を政務活動費として受け取っていましたが、実際にこの場所で開かれた事実はありませんでした。
 中川市議は、こうした誤りを認め29日にも、会派を通じて議長宛てに辞職願いを提出するとしていました。
 ところが・・・「私も含めて、29日出るものと思っていたんですが、今本人と話をしたら信頼のおける弁護士と相談したい。そこで相談を申し上げて、議員辞職の願いを出すことになるでしょうと」「間違いなく出します。議員辞職願いは間違いなく出しますということなのでご報告申し上げます」(有澤会長)
 中川市議は早ければ30日にも辞職願いを議長に提出し近くこの問題について自ら説明するとしています。

チューリップテレビ

最終更新:8月29日(月)20時34分

チューリップテレビ