ここから本文です

【U-18アジア選手権】日本の強敵!? “台湾の大谷翔平”は本家・大谷に憧れ「不思議な存在です…」

Full-Count 8月29日(月)22時17分配信

プロ入りが決まっている陳琥、直前の大会では投打4賞を獲得

 30日から台湾・台中市で開催される第11回BFA U-18アジア選手権。出場するのは8つの国と地域だが、現在のアジアの野球事情を見ると日本、韓国、チャイニーズ・タイペイ、中国が“4強”と言われ、頭一つ抜けた存在になっている。ファーストラウンドでは、グループAに日本とチャイニーズ・タイペイ、グループBに韓国と中国と2チームずつ振り分けられた。つまり、日本が最初に顔を合わせる“4強”は、31日に対戦するチャイニーズ・タイペイとなる。

 過去2度の優勝を果たし、前回2014年は韓国と日本に次ぐ3位だったチャイニーズ・タイペイは、WBSC(世界野球ソフトボール連盟)の最新世界ランキングで4位につける強豪だ(日本は1位)。4大会ぶりに開催国になったこともあり、今大会に懸ける意気込みは大きい。指揮を執るのは、20年以上の指導歴を誇る名将・蔡明堂監督。そして、3度目の優勝を目指し、各地から厳選したトップ選手を集めた代表チームの中でも、台湾国内の話題を総ナメにしているのが、背番号「1」の陳琥選手だ。

 選手登録は投手だが打撃でも類い稀なるセンスを持つ陳琥。身長182センチ、体重90キロと恵まれた体格の右腕に付いたニックネームは、その名も“台湾の大谷翔平”だ。台湾は9月から1学期が始まるため、6月には高校を卒業。8月に行われたプロ野球ドラフトでは、1巡目(全体3位)で中信兄弟に指名され、すでにプロ入りが決定している。直前に行われた大会では、MVP、最優秀投手、本塁打王、ベスト9(DHで)と、主だった賞を総ナメした。投げては、140キロ台後半のストレートを武器に、打たせて取るスタイルでアウトの山を築き、打っては4番を任され、パワーあるバッティングで打線を牽引。地元メディアも「彼は間違いなくNo.1選手。投げても打っても素晴らしい」と太鼓判を押す。

記者会見では、甲子園優勝投手・今井に記念撮影を申し込む一幕も

 U-18アジア選手権に出場するのは、2年前の第10回大会に続き2度目。昨年日本で開催された第27回U-18ワールドカップにもチャイニーズ・タイペイ代表として出場した。そんな経験豊富な18歳だが、29日に行われた記者会見では、日本代表の今井達也を見つけると、照れくさそうに一緒に記念撮影を申し込む一面も。「甲子園は台湾でも有名な大会。そこで優勝したエースと写真を撮れるなんて光栄です」と、一足先にプロ入りを決めている台湾の若手有望株は、はにかむように笑った。

 “台湾の大谷翔平”と呼ばれるだけあり、目標とする野球選手は日本ハムの大谷だ。大谷の印象を聞かれた陳は「不思議な存在」と表現した。

「アジアの選手で160キロ以上で投げられるなんて考えられない。しかもホームランも打てて、素晴らしい投手だから、不思議な存在なんです」

 たくさんの日本報道陣に囲まれ、最初は「こんなに囲まれるなんてプレッシャーですね」と緊張した様子だったが、今大会で最大のライバルはどのチームか質問されると、自分を囲む日本報道陣を見回しながら「それは日本ですよ(笑)」とリップサービスする大物ぶりも発揮。「優勝を目標に一生懸命、頑張ります」と意気込んだ“台湾の二刀流選手”がどんな活躍を見せるのか。日本戦に限らず追ってみるのも面白いかもしれない。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月29日(月)22時17分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]