ここから本文です

2戦連続でスタメン出場も、結果が残せなかった清武「良い時と悪い時の差を減らさないと」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月29日(月)17時44分配信

安定したパフォーマンス

セビージャは28日、リーガ・エスパニョーラの第2節でビジャレアルと対戦した。今節もスタメンに名を連ねた日本代表MF清武弘嗣だが、1ゴール1アシストの活躍を見せた開幕戦ほどの存在感を発揮することができず、61分に途中交代。チームもスコアレスドローに終わった。

そんな中、清武が試合後に自身のTwitterを更新。ビジャレアル戦について「反省。良い時と悪い時の差を減らす事。常に同じパフォーマンスを。悔しさを次の試合、そして日本代表でもぶつける。切り替えて!!」と綴り、反省しつつ意気込みを語った。

開幕戦の高評価とは対照的に、今節は地元紙などのメディアで厳しい評価を与えられた清武。まずは9月1日のUAE戦と6日のタイ戦で結果を残してもらいたい。その上で、スペインでも更なる飛躍を遂げてもらいたいものだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月29日(月)17時44分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。