ここから本文です

「勝たなければゴールは何の価値もない」ストライカーとしての役割を果たせなかったインテル主将

theWORLD(ザ・ワールド) 8/29(月) 18:00配信

コンディションは言い訳にできない

28日、セリエAの第2節でインテルとパレルモが激突した。試合は、先制点を許したインテルだが、後半いく度となくチャンスがありながらも1点しか奪えず、1-1で試合終了。新指揮官フランク・デ・ブールへ初勝利をプレゼントすることができなかった。

そんな中、この試合で同点弾を決めたインテル主将マウロ・イカルディが伊『MEDIASET PREMIUM』のインタビューに応じ、次のように述べた。

「チームが勝たなければゴールは何の価値もない。今日の試合、僕らには数多くのチャンスがあったよ。でも決めきることができなかった。もうすぐ9月だ。コンディションが上がっていないなんて言い訳はできない。この1週間、僕たちは監督とともに良いトレーニングができていた。その成果を今夜披露したかったけど、勝つことができなかった。とても残念だよ」

チャンスを逃し、開幕から2戦連続で勝てていないことに肩を落とすイカルディ。次節こそ、自身のゴールでインテルを勝利へと導いてもらいたいものだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/29(月) 18:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]