ここから本文です

“ザザダンス”をプレミアで見られることに喜ぶリネカー氏「ウェストハムは彼にPKを任せればいい」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月29日(月)19時0分配信

常に賛否両論を集めるリネカー氏

28日にユヴェントスからウェストハムへのレンタル移籍が発表させたイタリア代表FWシモーネ・ザザ。そんな彼を辛口コメントで有名なゲイリー・リネカー氏が冗談を交えつつ歓迎した。

移籍発表同日に自身のTwitterを更新したリネカー氏は、今夏に行われたEURO2016のイタリア対ドイツ戦で注目を浴びたザザの独特な助走からのPK、通称“ザザダンス”に対しての冗談を交えつつ「ザザの移籍でプレミアリーグに良い選手が加わったね。ウェストハムは彼にPKを任せればいいんじゃないかな」とコメントし、彼のプレミアリーグ参戦を喜んだ。これに対してファンは「笑えないジョーク、面白くない! 少し黙って」や「私もザザがプレミアリーグで見られるのを楽しみにしているよ」など賛否両論の意見が寄せられている。

はたして、ザザはウェストハムでPKキッカーを任されることはあるのだろうか。もし任されることがあるのであれば、EURO2016での汚名を返上したいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月29日(月)19時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。