ここから本文です

「岡崎&バーディの2トップは手に負えない」 英紙も大絶賛する2人にかかるUCL躍進の期待

theWORLD(ザ・ワールド) 8月29日(月)22時27分配信

UCLでも2人なら相手を崩せる

今季開幕前にはジェイミー・バーディと新加入FWアーメド・ムサの高速2トップが見たいとの意見も多かったが、日本代表FW岡崎慎司はその評価をわずか2試合ほどで覆してしまった。やはり岡崎とバーディの2トップの方が良いとの空気が広がっており、攻守に貢献する岡崎の存在の大きさを改めて感じたことだろう。

英『Telegraph』は今節のスウォンジー戦でのパフォーマンスも含め、バーディと岡崎のコンビは手に負えないと称賛。2人は守備にも走り回るうえに、バーディはスウォンジー戦でお得意のロングパスに抜け出す形から豪快なゴールも決めている。この2人に対処するのはなかなかに厄介だ。

同メディアがレスターに期待するのは、チャンピオンズリーグでの躍進だ。レスターにとっては未知の領域だが、それは対戦相手も同じだ。レスターの厄介さをピッチ上で初めて知ることになる。同メディアはMFダニー・ドリンクウォーターもイングランドを代表するMFになったと称賛しており、周りのクラブと比べて選手層が明らかに劣っているわけではないと見ている。

エースのバーディも「僕たちはあらゆるチームを苦しめられると分かっている。昨季人々はそれを見ているからね」と自信を見せている。また、楽しみたいとも語っており、恐れるものがないレスターはかなり怖い存在となるかもしれない。

ポルト、クラブ・ブルージュ、コペンハーゲンと同組となったレスターにはラッキーとの見方もあるが、昨季から続く奇跡の物語はレスターをベスト16へと導くのか。決勝トーナメントで強豪クラブ相手にカウンターから一撃見舞うレスターの姿も見てみたいが、手に負えない2トップを中心に躍進できるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月29日(月)22時27分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]