ここから本文です

[移籍]中国への移籍で自身の株を大暴落させた元イタリア代表FWをパレルモが獲得

theWORLD(ザ・ワールド) 8月29日(月)23時54分配信

パレルモは復活の地となるのか

パレルモは29日、広州恒大から元イタリア代表FWアレッサンドロ・ディアマンティをフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2年で、1年間の延長オプションが契約内容に含まれているとのことだ。

現在33歳のディアマンティは、1999年に地元クラブのプラートでプロデビューして以来、エンポリやフィオレンティーナ、ウェストハム、ブレシア、ボローニャなどでプレイ。2010年からイタリア代表にも選ばれており、EURO2012で同代表の準決勝進出に貢献している。しかし、2014年に中国スーパーリーグの広州恒大へ移籍してからは、当時イタリア代表の監督であったチェーザレ・プランデッリから消極的な移籍と指摘され、代表招集から外れてしまった。それ以降、イタリア代表には呼ばれていない。そして近年は広州恒大から2015年1月に古巣フィオレンティーナへ、同年8月にワトフォードへ、今年1月にはアタランタへレンタル移籍していた。

中国への移籍で自身の株を大暴落させたディアマンティだが、はたして新天地パレルモで復活を遂げることができるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月29日(月)23時54分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。