ここから本文です

異色の鉄道2.5次元舞台が関西初上陸

Lmaga.jp 8/29(月) 8:00配信

鉄道路線を擬人化した異色のコミック『青春鉄道(あおはるてつどう)』。昨年東京で初舞台化されたミュージカル『青春-AOHARU-鉄道』の新作公演が11月に決定し、関西でも「新神戸オリエンタル劇場」(神戸市中央区)で上演される。

原作は、コミックマーケットから人気を博し、現在「月刊コミックジーン」などで連載している青春(あおはる)原作のコミック。日本一の収益を誇る東海道新幹線はものすごく金に細かかったり、新幹線500系を誇る山陽新幹線はイケメンなのに個性の強い路線(東海道新幹線&九州新幹線)に挟まれてふびんだったり・・・と、読めば妙に納得するユニークで愛すべき鉄道路線たちを擬人化した鉄道トリビアコメディだ。

原作ファンや鉄道ファンのみならず、永山たかし、滝川英治、Kimeruなど、これまでミュージカル『テニスの王子様』といった2.5次元ミュージカルで経験を積んだ出演者が名を連ね、2.5次元ファンからの注目度も高い本舞台。神戸公演は11月18日~20日で、チケットは10,000円ほか、各プレイガイドで9月24日から発売される。

最終更新:8/29(月) 8:00

Lmaga.jp