ここから本文です

斬新な頭を披露するアートショー

Lmaga.jp 8月29日(月)22時0分配信

「人間の頭部をどれほど斬新にデザインし装飾するか」を表現する芸術・ヘッドアート。これまでヘッドアートをテーマとしたフォトコンテストを開催してきた兵庫県明石市で11月3日、日本で初めての『ヘッド アート ショー』が開催される。

明石の文化芸術振興を図る明石文化芸術創生財団が企画する本イベント。フェイスペイントや特殊メイク、ヘアメイク、造形カツラなど、様々なアプローチで頭部がデザインされ、映像と音楽、ダンスなどが融合したファッションショーや、帽子をフューチャーしたダンスショーなどが開催。パリコレで3年にわたりヘアスタッフとして活動してきた明石出身のヘッドアーティスト・歯朶原諭子をはじめ、音楽家やカメラマン、美容師やスタイリストら、世界でも活躍するアーティストが参加する。

会場は「明石市立西部市民会館」(兵庫県明石市)で、入場料は大人900円、学生500円。9月15日までは、イベント当日の市民ショーモデルを受け付けている。

最終更新:8月29日(月)22時0分

Lmaga.jp