ここから本文です

ハミルトン「ボーナスのような一戦。今後タイトル争いを有利に戦える」:メルセデス ベルギー日曜

オートスポーツweb 8月29日(月)4時46分配信

 2016年F1ベルギーGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンは3位だった。

■メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ルイス・ハミルトン 決勝=3位
 レース前に、これだけ(グリッド降格)ペナルティを受けながら3位になると言われていたら、喜んでいただろうね! 全く予想していなかったよ! 昨日も言ったけど、今日はどこまで行けるか、分からなかった。でも前向きな気持ちでレースに臨んだ結果、すべてがうまくいった。険しい山を登らなければならなかったが、チーム一丸となっていい仕事をした。すごくうれしいし、皆を誇りに思う。

2016年第13戦ベルギーGP表彰台 ニコ・ロズベルグ、ルイス・ハミルトン、ダニエル・リカルド

 マシンのパーツをたくさん交換しなければならず、ミスが起こってもおかしくない状況だったのに、皆、素晴らしい仕事をしてくれた。(今週末投入した)パワーユニット3基はすべて完璧に機能していた。僕は今、他のほとんどのドライバーよりもエンジンをプールしているので、それは有利になる。ここから後半戦の戦いがスタートする。

 今日はマシンがとても好調だった。決勝中、一番苦労した部分は、序盤からどういう精神的なアプローチでいくかということだった。スタートでリスクを冒すか、後ろで控えていて慎重に順位を上げていくかという問題だ。結局その中間でいったが、いろいろな出来事があって、ありがたいことにそれをうまく利用することができた。

 最後列からオーバーテイクを繰り返していかなければならず、通常よりプッシュする必要があった。だから3回ストップで行ったんだ。ミディアムを使って2回ストップでうまくやれたのかどうかは、何とも言えない。でもリスクを冒さないで済んだのはよかったと思う。チームは正しい判断をしてくれた。

 ここのファンは素晴らしいね。もちろんほとんどがマックス(・フェルスタッペン)のファンだろうけど、イギリスからも大勢来てくれていて、熱心に応援してもらった。皆、ありがとう。

 
 一時は優勝のことも考えた。でもニコ(・ロズベルグ)とのギャップがすでに大きいことは分かっていた。彼はサンデードライブをしていたようなものだ。誰からもプレッシャーをかけられていなかった。僕はフェルナンド(・アロンソ)やフォース・インディア(ニコ・ヒュルケンベルグ)を抜かなければならなかった。だから、最大限のポイントを確保することに集中していた。

 今回(ロズベルグとのポイント差を)10ポイントしか失わずに済んで、その上、新品エンジンを3基プールできたのは、大きなボーナスのようなものだ。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月29日(月)4時51分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。