ここから本文です

2位リカルド「事故の巻き添えで損傷を負ったが赤旗に助けられた」:レッドブル ベルギー日曜

オートスポーツweb 8月29日(月)10時13分配信

 2016年F1ベルギーGP決勝で、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは2位だった。

2016年第12戦ドイツGP ダニエル・リカルド(レッドブル)、表彰台で“シューイ”

■レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド 決勝=2位
 この結果を喜んでいる。今日は表彰台に上がれる可能性はあると思っていた。もちろん保証はないけれど、金曜に確認した速さがあれば、達成できると分かっていたんだ。

 ルイス(・ハミルトン)が後方からのスタートになったので、少なくとも2位をつかめるチャンスはあった。それをしっかり確保した。

 もちろんいつだって優勝が最大の目標だけど、ニコ(・ロズベルグ)は僕らが予想していたとおりの速さを発揮していたから、今日は2位が僕らに可能な最大限の結果だった。

 スタートではいろいろなことが起きた。僕も(アクシデントを起こした他のマシンからの)破片に当たってしまい、フロントウイングがダメージを負った。だから赤旗に助けられた。その間に修理ことができたんだ。それまではダメージの影響でマシンの調子がよくなかった。

 レース再開後は、僕にとってはあまりアクションのない展開で、ひたすら一貫した走りをするよう心がけた。そしてこういういい結果が出せたんだ!

 今週末、来てくれたファンは素晴らしかった。ドライバーパレードの雰囲気もすごくよかった。99パーセントはマックス(・フェルスタッペン)のファンだけど、彼らは他のドライバーたちにも声援を送ってくれた。素晴らしいスポーツマンシップだよ。マックスへの応援が一番大きかったが、ファンの人たちは、ドライバー全員に手を振ったり、声援を送ってくれたりしたので、すごくうれしかった。オランダとベルギーのファンは最高だね。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月29日(月)10時17分

オートスポーツweb