ここから本文です

ウイリアムズ「赤旗を味方につけられず。ランキング5位に後退」: ベルギー日曜

オートスポーツweb 8/29(月) 11:23配信

 2016年F1ベルギーGP決勝で、ウイリアムズのフェリペ・マッサは10位、バルテリ・ボッタスは8位だった。

F1最新フォトコーナー

 赤旗が出るのが予想していたより遅かったため、ピットストップのタイミングを合わせられず、順位を落としたと、ヘッド・オブ・パフォーマンスエンジニアリングのロブ・スメドレーは述べている。

 5点しか獲得できなかったウイリアムズは、フォース・インディアにコンストラクターズ選手権4位の座を奪われた。

■ウイリアムズ・マルティーニ・レーシング
フェリペ・マッサ 決勝=10位
 とても難しいレースだった。最後までタイヤを持たせようと努力し、戦いながら内圧のチェックをしなければならず、苦労した。

 長いスティントを走るのは難しかった。タイヤがいい状態の時には上位を争うことができたが、タイヤが終わってしまった後は、全く戦えなくなった。

バルテリ・ボッタス 決勝=8位
 期待外れの結果に終わった。レース序盤のチャンスをむだにすることになり残念だ。スタート直後はとてもいいポジションにいた。セーフティカーが入ってすぐにタイヤ交換をすべきだったけど、それができず、ポジションを大幅に落とした。

 その後も、できるだけいい結果を出すために頑張った。少なくともポイントは取ることができてよかった。それでも残念な結果だけどね。

 来週はまたグランプリがあるから、今日のことから学習する必要がある。モンツァではもっとうまくやりたい。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8/29(月) 11:23

オートスポーツweb

なぜ今? 首相主導の働き方改革