ここから本文です

ナッセ「11位まで上がったのにパンクなんてついてない」:ザウバー ベルギー日曜

オートスポーツweb 8月29日(月)12時8分配信

 2016年F1ベルギーGP決勝で、ザウバーのマーカス・エリクソンはリタイア、フェリペ・ナッセは17位だった。

F1最新フォトコーナー

■ザウバーF1チーム
マーカス・エリクソン 決勝=リタイア
 辛い一日だった。スターティンググリッドに向かったが、冷却システムに問題があることが分かり、調整しなければならなかった。そのためピットレーンスタートになった。

 1周目はよかった。前の集団に追いつくことができたんだ。でも3周目に突然6速ギヤを失った。それでレースはおしまい、リタイアということになった。

 たくさんの問題に見舞われた週末だった。でもすぐにまた強くなれるはずだ。

フェリペ・ナッセ 決勝=17位
 期待外れのレースだった。いいスタートを決めて、いくつか順位を上げ、一時は11位を走っていた。でもコース上にデブリが散らばっていたために、左リヤタイヤがパンクした。すごくついてなかったよ。

 早い段階でピットに入らなければならなくなり、それがレースに影響した。ディフューザーとフロアもデブリでダメージを負い、それがラップタイムに響いた。

 次のモンツァに気持ちを切り替えなければ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月29日(月)12時8分

オートスポーツweb