ここから本文です

アヴィーチー、“引退前”最後のショーをイビサ島で敢行

Billboard Japan 8月29日(月)18時15分配信

 26歳にしてツアーからの引退を表明しているアヴィーチーが8月28日、最終パフォーマンスをウシュアイア・イビサ・ビーチ・ホテルで行った。最後の舞台となったのは、アヴィーチーが5年間にわたるレジデンシー公演を行ってきた会場White Isleだ。

 今年4月、アヴィーチーは自身の公式サイトに投稿したエモーショナルな手記にてライブ・パフォーマンスからの引退を発表し、ダンス・ミュージック・シーンに衝撃を与えた。今年以降はツアーを行わないものの、今後も音楽を通して「伝え続ける」ことをファンに約束している。

 後にアヴィーチーは米ビルボードに対し、「俺にとってこれは健康のために必要不可欠なことなんだ。俺のためじゃない。ショーのせいでも、音楽のせいでもね。まわりには常に他の事もあったけど、俺にとっては自然とできることではないんだ。アーティストでいることの全ての部分がね。基本的に俺はもっと内気な性格なんだ。俺にとっては常にとても辛いことだった。たぶん、俺はネガティブなエネルギーを受けすぎたんだろうね」と語っていた。

最終更新:8月29日(月)18時15分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。