ここから本文です

RADWIMPS『君の名は。』急伸、IDOLiSH7を逆転してアルバム・セールス首位

Billboard Japan 8月29日(月)18時15分配信

 8月26日から全国公開された映画『君の名は。』サウンドトラック、RADWIMPS『君の名は。』が、映画の大ヒットを受ける形でセールスを初動3日間よりも27,832枚増やし、アルバム・セールス・チャート1位となった。初動3日間で29,258枚売り上げた『i7』は、16,299枚増やしたものの、映画とMステ出演が後押しとなったRADWIMPSの週末のセールスの伸びには及ばず、2位となった。

 初動3日間では659枚差と僅差となった『おそ松さん』ドラマCDと声優・神谷浩史の6thミニアルバム『Theater』は、週末セールスを加え合計23,705枚と数字を積み上げた『おそ松さん』に軍配が上がる結果となった。

 5,935枚を売上げ先週シングル・セールス3位だったSMAP『Smap Vest』は、今週7,352枚セールスで逆に売上枚数を伸ばして8位に留まり、5位から8位までが684枚以内に収まる激戦となった今週でも、まだまだ勢いは衰えていない。

◎週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”
(2016年8月22日~8月28日までの全国推定売上枚数)

1位:『君の名は。』RADWIMPS 55,533枚
2位:『アプリゲーム『アイドリッシュセブン』IDOLiSH7 1stフルアルバム「i7」』IDOLiSH7 45,557枚
3位:『おそ松さん 6つ子のお仕事体験ドラ松CDシリーズ おそ松&カラ松&チョロ松&一松&十四松&トド松『お仕事アラカルト』』 23,705枚
4位:『Theater』神谷浩史 18,217枚
5位:『アダンバレエ』Cocco 8,036枚

最終更新:8月29日(月)18時15分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。