ここから本文です

116組のアーティストが表明した「チケット高額転売反対」電子チケットの未来は

Billboard Japan 8月29日(月)20時5分配信

 株式会社SKIYAKIが、電子チケットサービス「SKIYAKI TICKET」により、チケットの不正転売問題に積極的に取り組み、ファンのためのチケット販売を推進していくことを表明した。

「SKIYAKI TICKET」イメージ写真

 チケットの高額転売については、先日116組のアーティストが連名で反対表明を行うまでに至るなど、大きな問題となっている。そんな中、“ワンタイムQRコード認証”と“SMS認証”というシステムが組み込まれた「SKIYAKI TICKET」は、30秒毎に情報更新されるため、スクリーンショットによる譲渡、そのほか転売等の不正利用の抑止に役立つ。また、ライブへ行けなくなったときの譲渡手段として、10月からは二次流通マーケットも用意される予定となっている。

 「SKIYAKI TICKET」は、2016年8月28日に東京・渋谷チェルシーホテル開催された、Especiaのライブ【Hotel Estrella】にて初めて導入。今後も関係各社やアーティストと新たな連携がとられていくという。

最終更新:8月29日(月)20時5分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。