ここから本文です

渡辺謙「すべてを一生愛す」 乳がん術後に落ち込む妻へLINEでメッセージ

クランクイン! 8月29日(月)11時0分配信

 俳優の渡辺謙が、28日に放送された日本テレビのトーク番組『おしゃれイズム』に出演。この日は妻である南果歩のコメントが到着し、3月に乳がんの手術を受けた際に渡辺から受けたサポートについて明かされた。

【関連】「渡辺謙」フォトギャラリー


 自身も今年2月に、胃がんが発覚し入院した渡辺だが、南の手術がちょうどニューヨークの舞台公演復帰時期と重なっており、渡辺自身も復帰時期を遅らせたいと悩んでいたが、南からの後押しで予定どおりの復帰を決心した経緯を告白。

 一方、そんな中でこの日到着した南からの手紙では、手術後、体の自由もきかずに自暴自棄になり、電話やLINEで渡辺にわがまま放題の言葉を投げつけていたことを告白。その時のことを南は「謙自身も大変だったのに辛抱強く私のわがままに付き合ってくれ、陥没した傷に落ち込む私に『果歩のすべてを一生愛す』というLINEを送ってくれました」と渡辺から大きな励ましの言葉を受けとったことを明かす。

 そんな言葉をじっと聞いていた渡辺だが、さらに「私がまだ傷を見られなかった時期に、賢は先に傷をスカイプで見てくれた。びっくりするはずなのに『全然大丈夫』と精一杯平気なフリをして言ってくれた」との文面が読まれると、渡辺は照れ笑いをしながら「どうしたいんだ!? 俺を泣かせたいのか?」とコメントしながら「明るい人なんだけど、弱い部分を見せられる一番近い人なので、それは受け止めたいなと思っているんです」と、南を気遣う気持ちを語っていた。

 またこの日は、娘である杏が5月に双子を出産したことについてもコメント。兄の渡辺大の夫婦が先に出産していることから、孫が生まれた感動は実は薄く、逆に「おじいちゃん」と呼ばれることを嫌っているという渡辺は自身のことを「Gサウンドが嫌いだから、”J”と呼ばせているんです」というエピソードを告白。

 一方、出産後の杏の顔を「双子ということで通常の出産よりも負荷も大きかったけど、それがちゃんと生まれてくれたことで母親になったんだな、って顔をしていましたね」と感慨深く振り返っていた。

最終更新:8月29日(月)11時0分

クランクイン!