ここから本文です

マライア・キャリーの実姉、売春の疑いで逮捕

クランクイン! 8/29(月) 11:47配信

 人気歌手マライア・キャリーの9歳違いの姉アリソン・キャリーが、米ニューヨーク州南東部のソーガティーズで現地時間26日、売春の疑いで逮捕されたことが判明した。地元紙Daily Freemanによると、アリソンはソーガティーズの町外れのモーテルにおいて、客に扮した潜入捜査官を相手に性的行為と引き換えにお金を払うよう要求し現行犯逮捕されたという。

【関連】「マライア・キャリー」フォトギャラリー


 アリソンは逮捕時、自分がマライアの姉であることを警察官に伝えたとのこと。インターネットの掲示板に売春サービスの広告を出していたそうで、その文句の一部にはマライアの1995年のヒット曲『ファンタジー』の歌詞が使われていたらしい。同じIDでの告知は1度ではなく、7月31日と8月15日(現地時間)にも投稿されていたそうだ。

 「7オクターブの音域を持つ歌姫」としてデビューと共にスター街道を登り詰めたマライア。姉アリソンとは、アリソンがマライアの暴露本を執筆して出版しようとしたことがきっかけで2000年頃から絶縁状態が続いている。アリソンが麻薬に溺れ、HIVに感染したことが明らかになっても援助しなかったと、アリソンに加わり兄のモーガンも主張するなど、実の家族との関係がゴシップ欄を賑わすことも度々あった。

 今年3月にはアリソンがMail Onlineで「マライア、愛しているわ。あなたの援助がどうしても必要なの。こんな風に私を捨てないで」と、マライアに懇願する映像が公開されていた。

最終更新:8/29(月) 11:47

クランクイン!

なぜ今? 首相主導の働き方改革