ここから本文です

『24』新シリーズにクロエ登場か プロデューサーが意味深発言

クランクイン! 8/29(月) 17:30配信

 俳優キーファー・サザーランド演じるジャック・バウアーが、米国に対するテロの脅威に立ち向かう捜査官を演じる人気海外ドラマ『24 ‐TWENTY FOUR‐』。バウアーと並び、彼の右腕クロエ・オブライエンが人気キャラクターだったが、米FOX局にて2018年2月に放送が始まる予定の新シリーズ『24:Legacy(原題)』にクロエが登場する可能性があるという。

【関連】『24‐TWENTY FOUR‐ リブ・アナザー・デイ』フォトギャラリー


 『24:Legacy(原題)』は元陸軍特殊部隊のエリック・カーター(コーリー・ホーキンズ)が、バウアーのいたテロ対策ユニット(CTU)の元責任者レベッカ・イングラム(ミランダ・オットー)と共に、新しいテロ攻撃を阻止すべく奔走する姿を描く。

 新シリーズの制作が発表されて以来、バウアーの再登場を期待する声が聞こえるが、TV Lineがインタビューで製作総指揮のエヴァン・カッツ&マニー・コトに、メアリー・リン・ライスカブ演じるクロエが登場する可能性について質問すると、カッツは「計画はあるが、今は新しいキャラクターとキャストを優先して、ファンとの関係を築くことに集中したい」とコメント。「サプライズになるような計画があるのは確かだけどね」と、期待を持てる発言を続けたという。

 新シリーズは2011年にオサマ・ビンラディンを急襲して殺害した米兵達が退役後、報復の恐怖を持ちながら民間人として生活することに苦悩しているという事実からヒントを得たという。新シリーズの主人公エリックは、共に任務を果たした仲間が1人ずつ報復に遇い殺害されている事実を知って行動を起こす。

 また、「ジャック・バウアーではない新キャラクターを主人公にして、新しいスタートを切るのにもってこいだった」と説明しており、「ジャック・バウアーはベテラン捜査官だったが、今度のキャラクターは違う。彼はこの手の諜報活動に慣れていない兵士なんだ」と新しい主人公をエリックにした意図を明かしている。

 『24:Legacy(原題)』は2018年2月5日(現地時間)に初放送を迎える予定。

最終更新:8/29(月) 17:30

クランクイン!